車買取のトラブルチェック!では、
車買取に関わるトラブルや車買取の実例について案内しています。

車買取のトラブルチェック!

車買取の実例集

アメリカ車10年使用の買取

今回は2003年購入のアメリカC社のスポーツクーペの買取事例を紹介したいと思います。当時500万円で購入したスポーツクーペで、走行距離は9万キロです。色は少々奇抜なイエローです。買取査定額は20万円。これにはガッカリといった所です。やはり海外メーカーの車は買取査定が厳しいというところでしょうか。念のために一括見積もりを行ってみたところ、なぜか一社だけ50万円という査定を出している業者がありました。

実車の査定で店頭に行って分かったことですが、そこの業者はアメリカC社の車の専門店でした。話を聞いたところ、たまたま、査定に出した年式と色の車を探しているというお客がいたようで、他社に比べ高い査定額を提示できたようです。

このように、「狭く深く」でも人気がある車種であれば、思わぬ査定をもらうことも可能です。国産車のように安定した買取査定の目安が確立しているわけでもありませんから、このような幸運な例は少ないかも知れません。それでも魅力的な車であれば、一部の熱狂的なファンから、このように、探しているという事例に出会うこともできます。

車買取という枠組みで見れば、海外メーカーの車というのは、決して好ましい車種ではないかもしれませんが、車の魅力は、決して市場価格だけで推し図ることはできません。こうした車を購入するのであれば、買取査定額のことなどは、あまり考えずに、車自体の存在感や運転性能を重視して購入すべきであると考えます。