車買取のトラブルチェック!では、
車買取に関わるトラブルや車買取の実例について案内しています。

車買取のトラブルチェック!

車買取にまつわるトラブル

査定後の減額トラブル

車の査定が終了し、金額に納得がいけば手続きを進めていくことになります。この時点で、取引する相手の業者は一つに絞られるというのが通常の流れでしょう。しかし、査定が終わった後でも安心はできません。譲渡の手続きまでの間に、これまで気づかなかったキズがあるなどの理由で、減額を持ちかけてくる業者はあります。

意図的ではなく、本当に見落としがあり、かつ譲渡の契約を済ませる前であれば過失と呼ぶには当たらず、業者側の減額要求は正当な権利です。しかし、売却する側にしてみれば、提示された査定額で納得して一社に絞り込んだのですから「今になってそんなことを言うなんて」という思いはあることでしょう。

他の業者には断りを入れた後でしょうし、進んでしまった手続きの話を反故にして、改めて別の業者を当たるというのも非常に手間のかかる作業です。そんな気持ちを知ってか知らずか、査定後に減額要求をされるということは往々にしてあるようです。買取業者にしてみれば、正式に買取が決定したためにしっかりと査定の見落としがないか確認したということなのでしょうが、こうしたやり方は、決してルール違反ではないものの、率直に言えばマナー違反だと思います。

こうした査定後の減額トラブルが起きた場合、できることなら手続きをとりやめて、面倒でも別の買取業者に、再度あたってみることをお勧めします。感情的な部分はもちろん、こうしたやり方をする業者は信頼に値せず、他にもトラブルの要素を含んでいると思われるからです。査定後の減額要求は少なくないトラブルの事例ではありますが、よくあることと受け入れずにしっかりと対応したいものです。