車買取のトラブルチェック!では、
車買取に関わるトラブルや車買取の実例について案内しています。

車買取のトラブルチェック!

車の誕生から250年近くが経ち、日本は世界でも有数の自動車大国となっています。特に国産車は、安全で壊れにくく、燃費が良いことが特徴です。その為、現在では車が走れなくなるまで乗り続ける、ということなどほとんどありません。新たな車を購入する際にも、その資金源として買取業者に販売するという流れが一般的です。買取以外でも、下取りという習慣は以前からあり、新たな車を購入するための資金源に充填するという前提で買取行為は行なわれていました。

2000年には自動車リサイクル法が制定され、捨てる(廃車にする)ことにも費用がかかるようになりました。現在では新車購入時に、リサイクルの費用を払うという形態になっていますが、それらの方式がとられる以前に購入された車には、廃車時にリサイクル費用を負担する必要があります。昨今は廃車寸前レベルの自動車でも買取を行うという業者が増えたことにより、例え0円査定であっても、廃車より買取扱いにした方が得だという状況になっています。その為、車を購入した人のほとんどが、車買取を経験することになってきました。

一時期に比べれば、車は高値の花ではなくなってきたとはいえ、高級品であることに変わりはありません。それに加え、使用に限らず、税金などの維持費がかかることから、乗らないのであれば、保有しておくよりも買取を依頼した方が良いという理由で、買い替え時期に限らず車買取が行われるケースも多いです。

車買取を行う業者に必要な資格は古物商のみです。町の小さなリサイクルショップでも、古物商の資格があれば、車買取と中古車販売を行うことができてしまいます。新車の販売メーカーは、数えられるほどしか存在しなくても、車買取の業者は、個人経営を含めれば、100や200ではききません。その為、買取を依頼する場合は、買取業者が信頼に足る相手かどうかを見極める必要があります。ましてや取り扱う商品の金額が高額になるほど、トラブルが増えるのが世の常です。売り手と買い手が、どちらも得をしたいと考えている駆け引きがある業界ですから、より多くの予備知識を持っている方が有利なことに間違いはありません。

車買取に対する知識を得ることで、安全でお得な取引を行えるようにしてみましょう。